大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

スペシャル授業レポート
Special Class Report:

春~夏学期「特別講義 (デザイン学 - 創造的思考、方法、プロセス I)」

”Designing with Creative Ethnographic Methods” with Visiting Prof. Larissa Hjorth
2019年7月 2日(火) 投稿

As part of Special Co*Design Center Course (in Literacy Skills) 3B1222: "Design Studies - Creative Minds, Methods, Processes I" (Course Instructor: Cihangir Istek, Co-Design Center, Specially Appointed Professor)

この科目の第11週目の授業では、Larissa Hjorth教授(オーストラリア、メルボルンのRMIT大学メディアコミュニケーション学部特別教授、大阪大学CO デザインセンター招へい教授、http://www.larissahjorth.net)をゲストとして招きました。

特別授業のテーマは「クリエイティブ(モバイル)民族誌的手法によるコ・デザイン」でした。

190702Ethnographic_Methods01.jpg


In Week 11, our guest was Prof. Larissa Hjorth (Distinguished Professor, School of Media & Communication, RMIT University, Melbourne, Australia and Visiting Professor, CO* Design Center, Osaka University) to give us a special class with workshops in the theme of "Designing with Creative (Mobile) Ethnographic Methods" (http://www.larissahjorth.net).

190702Ethnographic_Methods02.jpeg

まず、デザイナーのツールキットの重要な部分として、モバイルエスノグラフィとマルチセンサーマッピングの役割を調べました。 エスノグラフィーがユーザーエクスペリエンス(UX)デザインやサービスデザインなどの分野の中核を成すのと同様に、実践、つまり動機を理解することによって世界を理解するのにも役立ちます。 民族誌学者は、人生の当たり前のことや平凡なことに焦点を当てるのを好みます。 民族誌学は設計プロセスの中心に生きた経験を置きます。

We, firstly, explored the role of mobile ethnography and multi-sensorial mapping as an essential part of the designer's tool kit. Just as ethnography is core to areas such as User Experience (UX) Design and Service Design, it can also help us to make sense of the world through understanding practice, and thus motivations. Ethnographers like to focus on the taken-for-granted and mundane aspects of life. Ethnography puts lived experience at the center of the design process.

190702Ethnographic_Methods03.jpg

それから、私たちは物の伝記、特に物の社会的・文化的生活に注意を向けました。 Igor Kopytoff(1988)の、人のような伝記を持っている物についての概念を簡単に振り返りました。 共存がいかに民族誌学において重要な役割を果たすかについて考えることにより、私たちは今学期にデザインしているオブジェクトとそれらの伝記が何であるかについて考察しました。

Then, we turned our attention to object biographies, especially the social and cultural life of objects. We reflected briefly on Igor Kopytoff's (1988) notion of objects, like people, having biographies. We thought, we can think about the objects we are designing around for this semester and what their biographies might be, as we thought about how co-presence plays an important role in ethnography.

190702Ethnographic_Methods04.jpeg

我々はまた、民族感覚的手法と多感覚的手法を併用することで、多様な参加者が自分たちの生活経験をどのように表現するための経路をどのように可能にするかについても検討しました。 これは、文化的および言語的に様々な背景をもつ参加者や高齢者からの参加者と一緒にデザインするときに特に重要です。

We also considered how using ethnographic methods with multi-sensorial techniques can allow pathways for diverse participants to express their lived experience. This is especially important when designing with participants from culturally and linguistically diverse backgrounds and older adults.

190702Ethnographic_Methods05.jpeg

190702Ethnographic_Methods06.jpeg

190702Ethnographic_Methods07.jpeg

190702Ethnographic_Methods08.jpg

最後に、コースのプロジェクトオブジェクトに戻って、時間、環境/場所、そして複数の意味を持つ3つの「文化的プローブ」(ポストカード形式)(Gaver et al. 1999) を振り返って、会話を異なる方法で整理する方法を促しました。 そして、私たちはペアや個人がカードデザインを通して「未来からのもの」というオブジェクトを一緒にデザインし、共同によるデザインと共同未来のプロセスを振り返るというグループエクササイズを行いました。

Finally, we returned back to the course project objects and reflected upon the three "cultural probes" (Gaver et al. 1999) such as Time, Environments/Locations and Multi-Senses in the form of postcards to prompt ways to curate conversations differently. And, we made a group exercise in which pairs or individuals co-design a "thing from the future" object through card prompts to reflect upon the co-designing and co-futuring processes.

(イステッキ ジハンギル Cihangir ISTEK)