大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

イベントナレッジキャピタル超学校
大阪大学COデザインセンター×ナレッジキャピタル
対話で創るこれからの「大学」シリーズ第3弾

超学校シリーズ "向き合い続ける" 第2回 異なる文化のあいだに立つ

2019年8月 5日(月) 19:00〜20:30(開場 18:30)

2016、2017年に開催した大阪大学COデザインセンターとナレッジキャピタルとのコラボレーション講義「対話で創るこれからの『大学』」シリーズの第3弾です。

Image_CO_CHOSchool.jpeg


大学の中だけで閉じずに、社会の中の多様な人々と「知」の意味を捉え直したい。その上で、人をつなぎ、知識をつなぎながら、何かを創出する人材を育成したい。そんな新しい大学のあり方をみなさんと一緒に考えてきました。

2019年のシリーズでは、"向き合い続ける"をテーマに「COデザインセンターの教員×社会の中で新しい価値をつくり出している実践者」の対談を予定しています。

わからないことにどう向き合ったらいいのか? 答えがない課題にどう取り組むべきか? 問題意識を持ち続け、そして、考え続けるとはどういうことか? ゲストや会場のみなさんと議論します。

自閉症の兄と弟の間で育った経験を基に、誰もが包摂される学びの環境づくりを実践している山田小百合さん。
そして、在イスラエル日本国大使館で外交の実務に携わっていた経験を経て、社会課題に向き合うことのできる人材育成に取り組む辻田俊哉さん。
今回は、このお二人の対談です。

異なる文化に出会った時、それを排除するでもなく、無理に同じにするでもなく、なんとか一緒にやっていくための方法を考え続け、それを社会に広げるにはどうすればいいのでしょう?
そんなことを語り合ってみたいと思います。


講師:
山田 小百合(NPO法人Collable 創立者・代表理事)
辻田 俊哉(大阪大学COデザインセンター 講師)

コーディネーター(聞き手):
八木 絵香(大阪大学COデザインセンター 准教授)

お申し込みはこちらから。
(事前申し込みは、2019年7月22日(月) 11:00より受付となります。)


開催概要

    日時:2019年8月5日(月)19:00〜20:30(開場 18:30)
    会場:カフェラボ(グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル1F)
    ドリンク代:500円
    *会場の関係から、入場するにあたり1ドリンクを注文していただくことになります。
    対象:高校生以上
    定員:50名
    申し込み:ナレッジキャピタルのHPから必要情報を入力してください(事前申し込みは、2019年7月22日(月) 11:00より受付、先着順です。)
    主催:一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、大阪大学COデザインセンター
    共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)


講師プロフィール

山田 小百合
NPO法人Collable 創立者・代表理事

重度知的障害を伴う自閉症の兄と弟の間で育った経験から、インクルーシブな場のデザインに関心を持つ。修士課程で取り組んだインクルーシブデザインや、障害のある子もない子もともに参加するワークショップの実践研究を活かす形でNPO法人Collableを創立。ワークショップや調査・開発をしながら、大人から子どもまで、多様性を活かした学びと創造の場をデザインしている。

photo_Yamada.jpg

辻田 俊哉
大阪大学COデザインセンター 講師

2006年から2008年まで、外務省専門調査員として在イスラエル日本国大使館において勤務。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程修了。博士(国際公共政策)。専門は、国際関係論。現在は、大阪大学においてソーシャルイノベーションに関する教育プログラムを担当している。

190719_Tsujita06.jpg