大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

スペシャル授業レポート
Course Report:

Fall /Winter Semester: Climate Change in Asia Pacific: Science and Solutions

(3B1528)
2020年12月 2日(水) 投稿

(日本語訳は記事下方にあります)

■ Universities working together to deliver courses

In June this year faculty from a group of universities (Osaka University, Waseda University, University of Tsukuba, University of Hawaii and the National University of Samoa) came together to discuss how best to deliver a course on Climate Change in the Asia Pacific region: Science and Solutions.

We have run courses together in the past connecting our classrooms real-time using video conferencing and adopted Zoom as our video conferencing platform back in 2018.

201202coreport01.jpg<Professor Dolan Eversole from the University of Hawaii describes the impacts of sea level rise on Waikiki.>

But with the onset of Covid-19 we were faced with a new challenge. Should we continue with our hybrid mode (online and classroom) or should we go completely online?

I think we made the right choice in going for the online mode of course delivery because it increased the flexibility for our students.

These arrangements differed slightly and the National University of Samoa (there were no Covid-19 cases in Samoa until late November) continued with the hybrid model. Likewise, students at the University of Tsukuba took most of their classes online but also participated via the hybrid model when students were allowed back on campus.

The online mode of delivery works very well, but I do miss the chance to informally chat with students before and after class.

■ Coping with Zoom fatigue

When preparing our course, we heard from other teaching colleagues and from students that many were suffering from "Zoom fatigue." Sitting in front of a computer listening to long lectures numerous times each week, and week after week, can be exhausting.

Consequently, we decided to experiment with a variety of class formats. As a basic rule, it was proposed that each lecture should be around 20-30 minutes (the shorter the better).

We planned five different lesson formats (each lesson lasts one hour and 30 minutes): (1) single short lecture with one hour discussion, (2) two short lectures and 30 minutes discussion, (3) single lecture and 40 minute breakout sessions for student group discussions with feedback at the end of the class, (4) student presentation session, and (5) student designed and led session (we are looking forward to discovering what the students have planned for us).

The aim is to make the course as interactive as possible with plenty of time for questions and discussion. We are hoping that this variety of lesson formats will be popular with students and help overcome Zoom fatigue.


■ Studying abroad from your home institution

We recognize that under normal circumstances some students would probably be participating in international exchange programs and spending time overseas at another university.

Unfortunately, because of Covid-19, these global travel opportunities have been cancelled, much to the disappointment of the students concerned.

In this context, our course provides students with a chance to meet and interact with their peers at the partner universities overseas.

A number of students have also joined the course via the new virtual student exchange program (https://vse.apru.org) organized by the Association of Pacific Rim universities.

The good part about international virtual student exchange programs is that they do not add to your overall carbon footprint. Perhaps these forms of exchange may continue to grow after Covid-19.


■ Waking up to Climate Change

Above all else, it is the subject matter of the course that is most important.

Climate change is an existential threat to our contemporary civilization. While the health and economic impacts of Covid-19 could continue for a number of years, we will be dealing with the consequences of climate change for hundreds of years (particularly if we continue to delay concerted and transformative action).

That is why it is so encouraging to see many students interested in this course (close to 120 students enrolled including 19 from Osaka University at undergraduate and graduate level).

The course is taught by sixteen faculty from the partner universities, research think tanks and national governments. The topics covered are wide ranging including climate science and expected impacts, Australian Bushfires, climate change impacts on coral reefs, sea-level rise, climate impacts on water resources and climate induced migration.

On the positive side, the course covers the growth of renewable energy in Hawaii and Samoa, the potential to accelerate decarbonization in the region, a review of Japan's climate change policy and examination of the relationship between climate change and urbanization in Asia.

The result is that throughout the entire 15 sessions of the course, from October 2020 to January 2021, students will have a different lecturer for every session. This means that they will come away with an appreciation of the quality of teaching at universities other than their own. That comparison is very valuable in shaping the student learning experience and their expectations.

(Professor Brendan Barrett)


■ 授業実施のために大学が協働する

今年6月に、大学のグループ(大阪大学、早稲田大学、筑波大学、ハワイ大学、サモア国立大学)の教員が、「アジア太平洋地域の気候変動 - 科学と解決策」の授業を実施するために、最善の方法について話し合いました。

私たちはビデオ会議を使ってリアルタイムで教室をつないで授業をしており、2018年にはビデオ会議のプラットフォームとしてZoomを導入しました。

(写真:ハワイ大学のDolan Eversole教授が、海面上昇がワイキキに与える影響について説明しています。)

しかし、新型コロナウィルス感染が始まり、ハイブリッドモード(オンラインと対面)を続けるべきか、完全にオンラインにするべきか、という新たな課題に直面しました。

学生にとってよりフレキシブルという点で、オンライン授業にしたことは正しい選択でした。

この選択はそれぞれ大学によって異なり、サモア国立大学はハイブリッドモデルを継続しました。(サモアでは11月下旬まで新型コロナ感染者はいませんでした)。同様に、筑波大学の学生は、ほとんどの授業をオンラインで受講しましたが、学生がキャンパスに戻れるようになった際は、ハイブリッドでも受講しました。

オンラインの授業は非常にうまく機能していますが、授業の前後に学生とざっくばらんに話す機会がないのが残念です。

■ ズーム疲れに対応する

授業を準備する際に、同僚の教員や学生から、多くの人が 「ズーム疲れ 」に悩まされていると聞きました。毎週、毎週、何度もパソコンの前に座って長い講義を聞いていると疲れてしまいます。

そこで、様々な授業形態を検証することにしました。基本的には、1回の講義を20~30分程度(できるだけ短く)することを提案しました。

考えたのは、5 つの種類の授業形式です。(各授業は 1 時間 30 分) (1)短い講義1回と1時間のディスカッション、(2)短い講義2回と30分のディスカッション、(3)短い講義1回と40分のブレイクアウトセッションの後にフィードバック(4)学生のプレゼンテーション(5)学生が企画・主導するセッション(学生がどのような企画をするのか楽しみです)。

質問やディスカッションの時間を多く用意し、この授業をできるだけインタラクティブなものにしました。学生がこの多様なレッスン形式を気に入り、ズーム疲れを克服するのに役立つことを願います。

■ 地元の大学から海外留学

通常であれば、国際交流プログラムに参加し、海外の大学で過ごす学生もいることでしょう。

あいにく、コロナの影響で海外への渡航はキャンセルされ、学生にとって残念なこととなりました。

よって、当該コースでは、海外の提携大学の学生との交流の機会を提供しています。

環太平洋大学協会が運営する新しいAPRU virtual student exchange program ((https://vse.apru.org)の授業にも多くの学生が参加しています。

国際バーチャル交流プログラムの良いところは、二酸化炭素排出量を増加しないことです。おそらく、この交流の形式は、新型コロナウィルス収束後も成長し続けるかもしれません。

■ 気候変動への目覚め

何よりも重要なのは、授業の内容です。

気候変動は、現代文明の存続への脅威です。新型コロナウィルスによる健康や経済への影響は何年も続く可能性がありますが、協調的で変革的な行動を遅らせ続けると、私たちは気候変動の結果に何百年も対処することになるでしょう。

よって、多くの学生がこの授業に興味を持っていることを目の当たりにすることは大きな励みとなります。(大阪大学の学部生・大学院生19名を含む約120名が履修しました)。

この授業は、提携大学、研究シンクタンク、および各国政府からの16名の講師により実施されます。トピックは、気候科学とその影響、オーストラリアの山火事、気候変動がサンゴ礁に与える影響、海面上昇、気候が水資源に与える影響、気候によって引き起こされる移住など多岐にわたります。

プラス面では、ハワイとサモアの再生可能エネルギーの成長、地域の脱炭素化の可能性、日本の気候変動政策の見直し、アジアにおける気候変動と都市化の関係の検証などを取り上げます。

そして、2020年10月から2021年1月までの15回にわたる授業では、学生は毎回違う講師による授業を受講することになります。つまり、学生は自分の大学以外の大学の授業の質の高さを知ることができるのです。この比較は、学生の学習体験や期待を形成する上で非常に貴重なものとなります。

(以上)