大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

COデザインカフェイベントダイバーシティ&インクルージョン
COデザインカフェ

ダイバーシティ・カフェ特別編/あらためて"多様性"をかんがえる連続上映会&対話

映画『記憶との対話〜マイノリマジョリテ・トラベル、10年目の検証〜』から
2020年12月19日(土) 〜12月23日(水)

マイノリティと呼ばれるひとたちもいろいろです。
「障害」とひとことでいっても、ひとりひとりちがいます。
みえやすいものもあれば、みえにくいものもある。
「女性」、「障害がある」、「LGBTQ」、「外国籍」、「路上生活者」...
どれも、かんたんに ひとくくりにすることはできないうえに、かさなっていることもあります。
他方で、「個性」、「ダイバーシティ(多様性)」、「グラデーション」、「エンパワメント」など、
当事者たちから発せられたことばでありながら、あいまいに問題を一般化させる標語として使われ、どんどん一人歩きしています。
こうしたことは、いったい、なにをみえなくさせ、なにを語りにくくさせているのでしょう?
それはだれのことばを奪っているのでしょうか?
こうした問題をかんがえるために、2020年12月から2021年3月まで、
あらためて"多様性"を問い、かんがえるための連続イベントを企画します。

あらためて"多様性"をかんがえる連続上映会&対話

障害の「ある」ひとと「ない」ひとがいっしょに舞台にたって表現する。
そんな謳い文句を掲げる「エイブルアート・オン・ステージ」への挑戦として、
2005年に活動がはじめられた「マイノリマジョリテ・トラベル」。
2006年にパフォーマンス作品「東京境界線紀行『ななつの大罪』」が上演され、
その10年後の2016年には映画『記憶との対話〜マイノリマジョリテ・トラベル、10年目の検証〜』が発表されました。


minorimajority.jpgのサムネイル画像


いま、いろんな場所で、いろんなひとたちと、あらためてこの映画を観てみたいと思います。
そして、障害がある/ない、をふくめた、わたしたちのあいだにある〈ちがい〉は、
どのようにみえたり、みえなかったりするのか?
そして、それを表現するとはどういうことなのか?
マイノリマジョリテ・トラベルの代表で、映画の製作者をつとめる作曲家・樅山智子さんをまじえて、語りあいます。

あらためて"多様性"をかんがえる連続上映会&対話 スケジュール
映画紹介(15分)、上映会(61分)、対話(70分〜90分) ゲスト:樅山智子(作曲家) 進行:ほんま なほ(大阪大学COデザインセンター)

  • 2020年12月19日 15時〜18時 兵庫県東灘区文化センター会議室1

  • 2020年12月22日 18時30分〜21時 大阪市生野区NPO法人クロスベイス

  • 2020年12月23日 19時〜21時30分 大阪市西成区ゲストハウスとカフェと庭ココルーム

  • *各会場 参加費無料。定員12名。マスク着用、手洗い、距離の確保、換気など、新型コロナウィルス感染予防対策を徹底して実施します。

    (2021年1月 大阪府池田市イケダ大学、大阪大学など、その他でも実施予定。
    3月中旬には、フォーラム「"多様性"はわたしたちをしあわせにするの?」(仮)の開催を計画しています。)

    上映作品情報
     映画『記憶との対話〜マイノリマジョリテ・トラベル、10年目の検証〜』
     監督 佐々木誠
     製作総指揮 樅山智子
     製作 マイノリマジョリテ・トラベル・クロニクル実行委員会 2016年/日本/61分
     公式ウェブサイト http://www.mimajo.net/ (予告編が閲覧できます)

    関連する教育プログラム

  • 高度副プログラム「社会の臨床」

  • 訪問術/マイノリティ・ワークショップ(春夏学期)

  • 協働術/マイノリティ・セミナー(秋冬学期)

  • 横断術/社会と臨床(秋学期集中)

  • 総合術/COデザインプロジェクト(通年)