大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

イベント事務局
Online event

How do we make our cities ethical?

2021年7月 7日(水) 16:30〜17:45 JST

2021年7月7日(水)、バレット ブレンダン 教授 が2021年3月29日に開催されたRMIT大学との共催イベント「Ethical Cities 出版記念パネルディスカッション」の続編に登壇します。

Join us for a global webinar with urbanisation experts in Europe, the UK and Australia on how we can make our cities ethical.

210624_ethicalcities.jpg

About this event

As cities around world transition to a low carbon future, how do we ensure our places and communities remain fair for all?​
It's often the most vulnerable who are impacted by the effects of climate change as well as the sometimes negative and unintended consequences of decarbonisation - from economic inequality through to social exclusion. ​
We're seeing COVID-19 recovery responses call for the world to come out of the pandemic in a green and clean way. ​
But how do we ensure that the people who will benefit from this investment are those who most need it? ​
This global webinar will cover how cities can approach a decarbonised future in an ethically informed way, with a focus on:​
citizen-led approaches for positive transformative change
inclusive urbanism planning, policy and decision-making.

Event image by artist Louise Soloway Chan from the cover of the book Ethical Cities by Brendan F.D. Barrett, Ralph Horne and John Fien.

Register: https://www.eventbrite.com.au/e/how-do-we-make-our-cities-ethical-tickets-154837313573


世界中の都市が低炭素社会へと移行する中、すべての人にとって場所やコミュニティが公平であり続けるにはどうすればよいのでしょうか。
経済的な不平等から社会的な疎外にいたるまで、気候変動の影響や脱炭素化による時には意図しない悪影響を受けるのは、往々にして最も弱い立場にある人々です。
コロナ禍からの回復に向けての取り組みにおいて、環境に配慮したクリーンな方法でパンデミックを乗り切ることが求められています。
しかし、最も必要としている人々がこの恩恵を受けるにはどうしたらよいのでしょうか?
このウェビナーでは、倫理的な情報に基づいた方法で都市がどのように脱炭素の未来にアプローチできるかを、次の項目に焦点を当てて論じます。
・前向きな変化のための市民主導のアプローチ
・包括的な都市計画、政策、意思決定