大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

教育プログラム

高度副プログラム「ソーシャルデザイン」

趣旨・概要

banner_adsocial.png貧困や格差、教育、気候変動など、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)にみられる多くの社会的課題では、解決に向けた阻害要因が多領域にまたがり複雑に絡み合っています。従来のような単一型の処方箋では、副作用が生まれるケースや、一分野における理論的アプローチでは、解決の方策が見出されても、多様なステークホルダーの支持が得られず、社会における実践が困難となるケースも見受けられます。

こうした国内外の複雑な社会的課題の解決のためには、自らの専門性を活かしつつ、異なる立場や視点を理解し、多様性をもって、
 a)どのように課題を構造化・マッピングし、
 b)具体的な解決策をデザインし、
 c)社会に必要とされるシステム変革につながるプロジェクトをエディットできる
スキルが求められます。

本プログラムでは、国内外における社会的課題の解決に向け、上述の3つのスキルを身につけるとともに、社会的課題の発見・解決プロセスの始点から、多世代(高齢者、学生、子供、将来世代)と、多様な人々(異なる専門を持つ学生や教員、産官民セクター、健常者、障がい者、外国人等)を巻き込み、共に新たな価値を創造できる、「共創(Co-creation)」による「ソーシャルデザイン」に寄与できる人材の育成を目指します。

到達目標(修了時に身に付く能力)

本プログラムでの学習を通して、以下の能力を備えた方に修了認定証を授与します。

① 社会的課題の発見・解決のための手法(マッピング、デザイン、エディティング)を複数理解している。

② 多種多様な専門知識を有するメンバーからなるチーム内で、課題・発見解決の手法をチームプロジェクトに応用できる。

③ 多世代と多様な人々とともに、多様性を尊重しつつ、チームプロジェクトを通じて課題発見・解決の手法を実践できる。

カリキュラムの構成

上記の到達目標(修了時に身につけるべき能力)を達成するために、本プログラムでは、受講生の学習能力の発達状況にあわせ、下記の3つの段階的な科目配置を行っています。

Ⅰ.【コア科目群】多分野の受講生と教員からなる双方向型授業、プロジェクト型学習(PBL)、フィールドワーク等の授業形態を通じて、到達目標①~③を達成するための選択必修科目群(後述)。

Ⅱ.【専門科目群A】多分野の受講生からなる双方向型授業やディスカッション型授業等を通じて、異分野とのコミュニケーション能力を高め、主に到達目標①~②を達成するための選択科目群。

Ⅲ.【専門科目群B】講義や演習等を通じて、自らの専門性また他分野の専門に関する知識を高め、主に到達目標①~②を達成するための選択科目群。なお、この専門科目群Bから、4単位以上の修得は不可です。



履修対象者

学部5年・6年次、修士・博士

修了要件

8単位以上
コア科目群(選択必修科目)から2単位以上を含む8単位以上を修得すること。なお、専門科目群Bからは4単位以上の修得は不可。

履修資格・条件

社会的課題の発見・解決方法に関心があり、チームで課題解決に向けたプロジェクトに取り組む意欲を持つ学生を歓迎します。

受講生へのメッセージ

前提知識は不要です。文系理系を問わず様々な分野の学生の受講を期待します。


構成科目

時間割
コード
授業科目名 単位数 開講学期
(4学期制)
開講部局
(課程)
備考



コア科目群
3B2512 ソーシャル・イノベーション(方法論から実践まで)   2   春〜夏 COデザインセンター(院)  
3B2513 COデザイン演習(イノベーションのジレンマ入門)   2   COデザインセンター(院)  
3B2514 COデザイン演習(破壊的イノベーションと教育)   2   COデザインセンター(院)  
3B1523 協働術D(共創型社会開発)   2   集中(通年) COデザインセンター(学部・院)  
3B1512 協働術G(デザインラボ)   2   COデザインセンター(学部・院)  
3B2606 Transversality: Place Design - Collaborations with Creative Industries   2   集中(秋〜冬) COデザインセンター(院)
3B1701 Global Threats and Sustainability   2   秋〜冬 COデザインセンター(学部・院)
3B2515 Ethics for Academic Research   2   COデザインセンター(院)
選択科目群A
3B1236 リテラシー(コミュニケーションの文化史)     2 COデザインセンター(学部・院)  
3B1210 リテラシーC(地域情報活用法)     2 集中(春〜夏) COデザインセンター(学部・院)  
3B1237 リテラシー(先住民言語文化論)     2 COデザインセンター(学部・院)  
3B2301 表現術(テクニカルコミュニケーションの実践と倫理)     2 COデザインセンター(院)  
3B2402 質的研究のデザイン     2 COデザインセンター(院)  
3B2605 横断術(〈支縁=しえん〉のネットワークをひろげる)     2 春〜夏 COデザインセンター(院)  
3B1525 特別講義(最先端技術を用いた未来の街づくり)     2 COデザインセンター(学部・院)  
3B2601 課題解決ケーススタディ(人口減少が引き起こす社会の変化)     1 春〜夏 COデザインセンター(院)  
3B2602 課題解決ケーススタディ(人と獣が共生可能な地域づくり)     1 集中(春〜夏) COデザインセンター(院)  
3B2507 課題解決ケーススタディ(グローバルヘルスをデザインする)     1 秋〜冬 COデザインセンター(院)  
3B2203 Co-Design Lecture:
Frontier of Sustainability Science
    2 春〜夏 COデザインセンター(院)
3B2208 Design Studies - Creative Minds and Methods     2 春〜夏 COデザインセンター(院)
3B1528 Special Lecture: Climate Change in Asia Pacific - Science and Solutions     2 秋〜冬 COデザインセンター(学部・院)
3B1529 Art of Collaboration : Creative Media Project     2 秋〜冬 COデザインセンター(学部・院)
選択科目群B
211876 共生行動論特講(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)     2 人間科学研究科(博士前期)  
211733 環境行動学特講     2 秋〜冬 人間科学研究科(博士前期)  
220337 総合演習(環境法)     2 秋〜冬 法学研究科(博士前期) 2021年度不開講
20C102 地域文化構造論演習:地域文化構造へのアプローチ     2 春〜夏 文学研究科(修士課程)  
280641 テクノロジーデザイン論     2 秋〜冬 工学研究科(博士前期)  
280642 テクノロジーデザイン演習     1 秋〜冬 工学研究科(博士前期)  
280659 プロジェクト企画論     2 秋〜冬 工学研究科(博士前期)  
281553 国際プロジェクトマネージメント論     2 秋〜冬 工学研究科(博士前期)  
280845 共生都市環境論     2 春〜夏 工学研究科(博士前期)  
280658 都市・地域再生論     2 春〜夏 工学研究科(博士前期)  
281193 集落・都市のコンテクスチャルデザイン     2 春〜夏 工学研究科(博士前期)  
281253 イノベーションデザイン実践     2 秋〜冬 工学研究科(博士前期)  
29J719 複合現実感システム論 / Mixed Reality Systems     2 秋〜冬 基礎工学研究科(博士前期) ※日本語開講と英語開講を隔年で実施
311316 特殊講義(人間の安全保障)     2 国際公共政策研究科(博士前期) 2021年度不開講
281213 Spatial Design / 空間デザイン学     2 春〜夏 工学研究科(博士前期)
310412 Economic Development / 経済開発論     2 春〜夏 国際公共政策研究科(博士前期)
331426 Introduction to Exercises on Information Engineering for Interactive Creation A/インタラクティブ創成工学基礎演習A     2 春〜冬 情報科学研究科(博士前期)
  • 備考欄※は英語科目
  • 学生は、上位課程の科目を履修できません(例えば、博士前期課程の学生は博士後期課程の科目を履修することはできません)。
    履修対象者が複数の課程にわたる場合は、科目構成等にご留意ください。

大学院副専攻・大学院等高度副プログラムについて

COデザインセンターでは、大阪大学の在学生向けに下記4つの大学院副専攻・大学院等高度副プログラムを開講しています。
プログラムの詳細については、各案内ページをご覧ください。