かなら ず よんでください

マム語入門

Introduction to Mam grammar, Mam a Mayan language

Muchachos de Todos Santos , y Antes-Palacio Municipal de San Ildelfonso Ixtahuacan-Ahora

池田光穂, Mitsuho Ikeda

マム 語は中央アメリカのグアテマラ西部高地 ――最近では北アメリカの都市や郊外においても!――を中心に話されています。言語学上はマヤ語族・高地西マヤ語群・マムグループに属する言語で、言語人 口 は推定60万人以上です。マム語は他のマヤ語と同様、人称代名詞に<能格 ergative>と<絶対格 absolutive>の2種をもち、能格――他動詞構文の主語は自動詞構文の主語と異なり後者は他動詞の目的語と同じ活用をする――つまり構成を認める 言語の 一つです。それ以外にも、方位概念を表象する関係詞などが豊かであり、マム語で表象される宇宙観や人間観を知る手がかりも豊富にあります。

マヤ民族(マヤ人)マヤ諸語入門.

Mayan languages - Wikipedia

"The Mayan languages form a language family spoken in Mesoamerica and northern Central America. Mayan languages are spoken by at least 6 million Maya peoples, primarily in Guatemala, Mexico, Belize and Honduras. In 1996, Guatemala formally recognized 21 Mayan languages by name,[2] and Mexico recognizes eight more within its territory." -Mayan languages.

Mam language - Wikipedia

"Mam is a Mayan language spoken by about half a million Mam people in the Guatemalan departments of Quetzaltenango, Huehuetenango, San Marcos, and Retalhuleu, and the Mexican state of Chiapas. Thousands more make up a Mam diaspora throughout the United States and Mexico, with notable populations living in Oakland, California[3] and Washington, D.C." - Mam language.

1. マム語が話される社会と文化 参照:グア テマラのマヤ文化と社会





参照:言 語人類学

参照:マ ム語文典

2. 発音  音韻論 Phonology マム語の発 音



1.口唇(こうしん)、2.歯(は)、3.歯茎(しけい)、4.口蓋(こうがい)、5.軟口蓋(なんこうがい)、6.口蓋垂(こうがいす い)、7.舌尖(ぜっせん)、8.舌面(ぜつめん)、9.舌根(ぜっこん)、10.咽頭(いんとう)、11.喉頭蓋(こうとうがい)、12.食道(しょく どう)、13.声帯(せいたい)

音声学(Phonetics)

    生理学的発声(調音:ちょうおん)にかんする物理的研究です。

音韻論(Phonology)

    音素(phoneme)つまり、語の意味を決定する最小単位を決定し、音素の 体系や結合について研究します。それぞれの音素は、音 声学的には異なることもあるから、音素の体系や結合の研究が必要になります。

    音素とは、ある語を他の語――その音素以外 はその語と等しい音素からなる他のすべての語――から区別するような言語活動の要素のことです。したがって音素は言語活動の弁別的要素のうちもっとも重要 なもののひとつです。[→出典]

    Mam_consonants.png

    声門閉鎖音(せいもんへいさおん;   glottal stop)は、ノーラ・イングランドの文法書では[ ' ] の代わりに [ 7 ] で表記していることに注意してください。

    くわしくは「マム語の発 音」を参照してください。


    TECH TZ'IB' MAM - Alfabeto del Idioma Maya Mam(子音の発音は01:50あたりから)

    マム語のアルファベット

3. 形態論 Morphology 形態論とは、語形の変化を構造を調べる分野である。古典的な文法書は、音韻論、形態論、統語論の3分野からなりたっています。また構 造言語学では、形態論は、形態素――語の構成要素で音素を含んだ意味の構成要素をなします――の並び方の構造を研究する分野であるといわれています。

言 語分析の諸分野

4. 形態論 Morphology マム語文典(6つのファイル:パスワードなし)2.3MB〜4MB
gramatica_mam_2020_Part1.pdf

gramatica_mam_2020_Part2.pdf

gramatica_mam_2020_Part3.pdf

gramatica_mam_2020_Part4.pdf

gramatica_mam_2020_Part5.pdf

gramatica_mam_2020_Part6.pdf

5. 形態論 Morphology

    ■語根と単語

:
6. 統語論 Syntax

    動詞の区別 と自動詞

    他動詞の 活用と目的語

    統語論 Syntax とは文の内部構造を明らかにする研究分野です。文はそれぞれ単語のつながりによって構成されていますが、語順のみならず、文のレベルの内部――つまり下位 単位――で相互に入れ替えが可能――つまり意味が通じる――なことがあります。文を可能にする構造について考えたり、実際の文――構文――を分析をしたり します。

    構成素constituent, Constituyente sintáctico)→この考え方は文法理論における構成素分析で使われる


マム語は能格言語です。能格言語の特徴は、他動詞の目的語の活用と、自動詞の活用が同じ形態をとる。英語のような対格言語では、自動詞と他動詞の活用 は同じで区別されず、他動詞の目的語の活用は動詞の活用とは無関係にユニークである。

A活 用(Juego A)=能格は、(1)名詞を所有形で表現する――名詞を所有するとき――ときと、(2)他動詞の主語を示すとき、にそれぞ れ使われる。

B活用(Juego B)=絶対格は、(1) 自動詞の主語を指示する、あるいは、(2) 他動詞の目的語を指示する。

統語論 Syntax とは文の内部構造を明らかにする研究分野です。文はそれぞれ単語のつながりによって構成されていますが、語順のみならず、文のレベルの内部――つまり下位 単位――で相互に入れ替えが可能――つまり意味が通じる――なことがあります。文を可能にする構造について考えたり、実際の文――構文――を分析をしたり します。:

構成素constituent, Constituyente sintáctico)→この考え方は文法理論における構成素分析で使われる
7. 統語論 Syntax :
8. 統語論 Syntax

    ■文の構成(1)

1.動詞文

2.非動詞文

9. 統語論 Syntax

    ■文の構成(2)

3.否定

4.疑問

5.対等の協調(coordination)

10.

歴史言語学による歴史的(時間的)類縁関係

:
11. 意味論 Semantics :
12. 意味論 Semantics :
13. 語用論 Pragmatics : 【文例集】

Mam Text, uso de Santa Cruz de Comitancillo, Txolja, San Marcos, Guatemala

Diccionario del Mam-Español de Comitancillo, SM. 2001, autor: Mitsuho Ikeda y Walter Orland Pérez Morales

14. 語用論 Pragmatics :
15




TECH TZ'IB' MAM - Alfabeto del Idioma Maya Mam(2016/04/23)

リンク

文献

その他の情報

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099