か ならず読んでください

論文・レポートに使われる表記用語集

Notational rules of Academic Papers

解説 池田光穂

.

ピリオド(period)、ドット(dot)

,

コンマ(comma)

;

セミコロン(semicolon)

セミコロン:「これは一口に言えばコンマの親玉で、コ ンマより強く、ピリオドより弱く区切りをつけたいときに使う」(木下 1994:234)。

:

コロン(colon)

コロン:「コンマより強く、セミコロンよりは弱い区切 り記号」(木下 1994:234)

まとめると、強いほうから順に、となります。

-

ハイフン(hyphen)

ダッシ、ダッシュ、ダーシ(dash)

……

リーダー(leader)

( )

丸カッコ、パーレン(parenthesis)

[ ]

角カッコ、ブラケット(brackets)

{ }

ブレース(braces)

〈 〉

山カッコ、ギュメ(guillemet)

アングル・ブラケット(angles bracket)

アングルブラケットはしばしば不等号式すなわち<>で 代替されることがありますが、文章の美的形式からみると正式表記〈〉をおすすめします。

" "

' '

“ ”

クォーテション・マーク(quotation marks)

口頭で表現する時には両脇をあげて手の人差し指と中指 をカニさんのようにして二度折り曲げる表現(ジェスチャー)をします。その場合は、引用のニュアンスあるいは卑語を直接指示したい時の〈いわゆる〉という ことの発話者の意思表現に使います。このことが転じて、現代日本でも「」(カギカッコ)のニュアンスをもつジェスチャーとして利用されます。

「 」

カギカッコ

『 』

二重カギカッコ

なかてん、なかぐろ

*

アスタリスク(asterisk)あるいは、星印

アステリスクの語源はアスター(aster)ギリシャ 語で星の意味であり、ラテン語ではキク科の[その名も]アスター属の名称になっています。日本語の発音ではアステリスクでも通用します。

ドル・マーク、ドル記号。

ドル・マークは和製英語です。英語ではダラー・サイン (dollar sign)あるいはダラー・マーク(dollar mark)と言わないと理解してくれません。

|

(現在調査中:可能な表現は、たてせん)

【 】

(現在調査中:可能な表現は、太いパーレン、外が四角のパーレン)

《 》

(現在調査中:可能な表現は、二重山カッコ、ダブル・アングル・ブラケット

【文献】


(c) Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copyright, 2000-2017