はじめに かならずよんでください

民族誌的近代・民族誌的モダニティ

Ethnographic modernity, ethnographic modern

かいせつ 池田光穂

第1部 言説
    I. Discourses

1.民族誌的権威について 1. On Ethnographic Authority

2.民族誌における権力と対話 2. Power and Dialogue in Ethnography: Marcel Griaule’s Initiation

3.民族誌的自己成型  3. On Ethnographic Self-Fashioning: Conrad and Malinowski

第2部 転置
II. Displacements

4.民族誌的シュルレアリスムについて
 4. On Ethnographic Surrealism

5.転置の詩学
5. A Poetics of Displacement: Victor Segalen

6.君の旅について話してくれ
6. Tell about Your Trip: Michel Leiris

7.新語のポリティクス
 7. A Politics of Neologism: Aimé Césaire

8.植物園
8. The Jardin des Plantes: Postcards

第3部 収集
 III. Collections

9.部族的なものと近代的なものの歴史
9. Histories of the Tribal and the Modern

10.芸術と文化の収集について
10. On Collecting Art and Culture

第4部 歴史
IV. Histories

11.『オリエンタリズム』について
11. On Orientalism
ジェイムズ・クリフォードによる『オリエンタリズム』の書評について
12.マシュピーにおけるアイデンティ ティ
12. Identity in Mashpee

1部 グローバルなフロー

2.グローバル文化経済における乖離構造と差異

3.グローバルなエスノスケープ:トランスナショナルな人類学へ向けての覚書と疑問

4.消費、持続、歴史

2部 近代の植民地

5.近代性との戯れ:インドクリケットの脱植民地化

6.植民地想像力における統計

3部 ポストナショナルな配置(ロケーション)

7.原初主義(primordialism)の後で

8.愛国心とその未来

9.ローカリティの生産


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

池田蛙  授業蛙  電脳蛙  医療人類学蛙