かならず 読んでください

文化人類学者とは何をしているのか
How does the cultural anthropologist do? - Thought, activity and belief.

池田光穂

文化人類学者の仕事はふたつの活動からなりたって い る。ひとつはフィールド ワークとよばれる社会調査で、他のひとつは民族誌とよばれる書物や論文を書くことである[最近はマルチメディア時 代を反映 して、民族誌は動画や音声をウェブページやビデオ映像などのメディアを介して公開されることもある(例:民族誌映像→映像人類学)]。

フィールドワーク(field work)は研究対象となっている 人びとと共に生活をしたり、そのような人びとと対話したり、インタビューをしたりする社会調査活動のことである。

民族誌(ethnography)は、フィールドワークの記録を基 礎にした書物=論文[さらに映像・ウェブページなどの類するもの]である。民族誌(エスノグラフィー)は、今世紀初頭(具体的には1922年)に定式化さ れたいくつかのものが英語で公刊されて以来、さまざまなスタイルの変化はあるものの、人類学者に書かれ読みつがれてきた。民族誌=エスノグラフィーの狭義 の意味は、対象の民族(エトノス)の記録(グラフィー)であるが、現在では、民族誌は人間の社会や文化について考えるための、文字記述を中心とした、人間 ないしは人間集団を対象にした実地調査にもとづく記録ということができよう。

——以下は私のウェブページで文化人類学者が何を やっているのかについて記述した箇所の断片である——


人類学者のフィールドワーク:学部高学年&大学院生向き(2014)

1
これから人類学者のフィールドワークについてお話します。


2

人類学(anthropology)
は以下の4つの下位領域に分けることができます。

    1.    生物人類学(biological anthropology)
    2.    文化人類学(cultural anthropology)
    3.    考古学(archeology)
    4.    言語人類学(linguistic anthropology)
3
文化人類学というよりも文化人類学者ですか、彼らの知的活動には次のようなものが含まれます。

1.民族誌=エスノグラフィー(実例の提示)の作成、

2.文化や民族に関する研究(比較民族学などと従来呼ばれてきたもの)をおこなう。

そして、
3.理論研究(文化理論や、社会集団に関する研究)をおこなうこと。

4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42

文献

(c)Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copy&wright[not rights] 2012-2016


Do not paste, but [re]think this message for all undergraduate students!!!