かならず 読んでください

クリフォード・ストール頌歌

From darkness to light, from narrowness to broad-mindedness, from prejudice to tolerance, it is the voice of life, which calls us to come and learn.

池田光穂

天文学者の感動レクチャーを発見(約17分、日本語 字 幕ありTED2006 | February 2006, 56歳のとき) クリフ・ストールClifford Paul "Cliff" Stoll, 1950- )って、バックトゥザヒューチャーの『ドク』ですがな〜♪(日本語字幕あります!)

一度何かをやったなら別なことをしたくなる」—— クリフォード・ストール

後半は彼の青春時代のお話が中心です。最後が感動的なので、最後まで、みてみましょう。

【出典】https://www.ted.com/talks/clifford_stoll_on_everything

《関連リンク》

クレジット:クリフォード・ストール頌歌(Ode for his Enlightment Spirits of Clifford Stoll

【以下は、見てから読んでね】

クライマックスは泣きますね〜♪

——科学の栄光や(日本の文教族が望む)技術のイノ ベーションじゃない!  真理への探究と同胞への寛容だと——この時になってクリフは本当に「大切なこと」を皆に伝えるために用意周到に準備していたことを理解できます!
Postscript: あの最後くだりは彼の著書、High-tech heretic: reflections of a computer contrarian(「コンピュータが子供たちをだめにする」邦訳257頁)に出てくる。

教会の鐘の碑銘は……

All truth is one. In this light may science and religion endeavor here for the steady evolution of mankind.

From darkness to light, from narrowness to broad-mindedness, from prejudice to tolerance, it is the voice of life, which calls us to come and learn.

(Inscription discovered by Stoll, inscribed on the bell atop Hays Hall at his undergraduate university. He recounted this experience in his talk at the TED Conference in February, 2006.)

http://en.wikiquote.org/wiki/Talk:Clifford_Stoll

「時計台の球天井のなかだ。四つの鐘が僕を囲んでる。どれも四フィートほどの高さだ。これが一時 間ごとに鳴るんだ。金網越しに風が吹いてくる。眼下に大学キャンパスが見渡せる。メインストリー トのところで、学生たちが警官に投石してる。あたりは催涙ガスでいっぱいだ。チカチカ明かりを点 滅させてる車が見える。警官がその陰に逃げてる。怒号と罵声が聞こえる。/ 夜の十時、だ。物理の勉強をしているはずの時間だ。こんなところで何じてるんだ。 下のほうから、時計仕掛けがギーッと動きはじめる音が聞こえる。足元で四つの打ち子がそりかえ り、今にも鐘を鳴らそうとしてる。そして、ウエストミンスターチャイムが高らかに響きはじめた。 続いて、一番大きな鐘がゆっくり十回鳴った。こんなところで何してるんだ。/ 鐘の一つに刻まれた文字を月光が照らしてる。上着でほこりをぬぐうと、過去五十年、 目につくことのなかった銘が読めた。そうだ、このために僕はここに来たんだ。

真理は一つ。/ この見地に立ち、科学も宗教も人類の着実な進歩のためにあれ。/ 暗愚から啓蒙へ・ 偏見から寛容へ/ 狭量から広量へ/ 人生を導くこの声が汝に呼びかける。/ 来れよ学べ」 (ストール 2001:256-257)。

《エピソード》

「1986年、クリ フはローレンス・バークレー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory, LBL, LBNL)にシステムアドミニストレータとして雇用された。雇用中、ローレンス・バークレー国立研究所のサーバ経由で米軍各所のサーバに侵入していたク ラッカーを発見し、状況を監視、最終的にはCIAと共同で捜査を進め、ハニーポットHoneypot in computing)を設置して検挙に追い込んだ。そのクラッカーはKGBに雇われていたマーカス・ヘス(Markus Hess/ Markus Hess in German) というドイツ人だったことが判明している。クリフの調査結果が裁判で有効とされたことから、これが最初のコンピュータ捜査科学Computer forensics)の実例とされる」

Bringing science solutions to the world - Motto of the Lawrence Berkeley National Laboratory

リンク

文献

その他の情報

Life is like a chicken coop ladder
Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2013-2019

For all undergraduate students!!!, you do not paste but [re]think my message. Remind Wittgenstein's phrase, "I should not like my writing to spare other people the trouble of thinking. But, if possible, to stimulate someone to thoughts of his own," - Ludwig Wittgenstein