かならず 読んでください

ジョン・ロールズの正義に関する2つの原理

On two Principles of the Jusitice by John Rawles' "A Theory Of Justice"

池田光穂

「ロールズは価値(善の構想)の多元化を現代社会の恒久的特徴と捉えた。そのような状況にあっては、ある特定の善を正義と構想することはできない。ロールズは正義と善を切り離し様々な善の構想に対して中立的に制約する規範を正義とした。このように、正義が善の追求を制約しうる立場(正の善に対する優先権)を義務論的リベラリズム[Natural-rights libertarianism] と言う。正義は制度によって具現化し、公権力のみならず社会の基本構造を規制する性格を持つが、それが各人の基本的な自由を侵害するものであってはならな いと考える。/ロールズはジョン・ロックやジャン=ジャック・ルソーの政治思想で展開されている社会契約の学説を参照にしながら、社会を規律する正義の原理は、自己の利益を求める合理的な人々が共存するために《相互の合意によってもたらする構想ととらえる。このような正義の原理を考案する方法を、公正としての正義(Justice as fairness)と定義する」(→「正義」)。

"Justice as fairness is Rawls's theory of justice for a liberal society. As a member of the family of liberal political conceptions of justice it provides a framework for the legitimate use of political power. Yet legitimacy is only the minimal standard of moral acceptability; a political order can be legitimate without being just. Justice sets the maximal standard: the arrangement of social institutions that is morally best. Rawls constructs justice as fairness around specific interpretations of the ideas that citizens are free and equal and that society should be fair. He sees it as resolving the tensions between the ideas of freedom and equality, which have been highlighted both by the socialist critique of liberal democracy and by the conservative critique of the modern welfare state. Rawls holds that justice as fairness is the most egalitarian, and also the most plausible, interpretation of these fundamental concepts of liberalism. He also argues that justice as fairness provides a superior understanding of justice to that of the dominant tradition in modern political thought: utilitarianism."

「しかし、正義を公正性から解釈することは、古典的功利主義で論じられている効率としての正義の概念と対立せざるを得ない。/古典的功利主義は、効用を最大化しようとするひとりの人にとっての選択原理を社会全体にまで拡大適用するが、ロールズはこれに対して個人の立場や充足されるべき欲求は個々人で異なるものであるとし、「別個の人びとをあたかも単一の人格であるかのようにみなし、人びとの間で差し引き勘定をするような論法は成り立つはずもない」と批判した」。

そこで、ジョン・ロールズJohn Bordley Rawls, 1921-2002)『正義論』(1971)の正義に関する2つの原理つまり、1)最大限の平等な自由と、2)(a)公正な機会均等の原理と(b)格差原理を提唱する。ロールズは言う:「正義の概念は、原理に関する自明 の前提や条件からは演繹できない。そうではなくて、正義の正当化は、多くの考慮すべき事柄が互いに支え合うこと、すべてのことが一つの整合的見解へと組み 立てられることなのである」(Rawls,J., A Theory of Justice. 1971, p.60)。以下は、[ジョン・ロールズの『正義論』]

The Two Principles of Justice:

"First Principle: Each person is to have an equal right to the most extensive total system of equal basic liberties compatible with a similar system of liberty for all.

Second Principle: Social and economic inequalities are to be arranged so that they are both: (a) to the greatest benefit of the least advantaged, consistent with the just savings principle, and (b) attached to offices and positions open to all under conditions of fair equality of opportunity."- Rawls, John (1971). A theory of justice. p. 266.

1)誰もが、他者も同様の自由をもつことを前提にして、最大限の基本的自由にたいして平等の権利を持たねばならない——最大限の平等な自由

2)社会的または経済的な不平等は、次の2条件を満たされるべきである:つまり、a)それらの不平等がもっとも不遇な立場にある人の利益を最大にすること、b)公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位に付随するものでしかないこと——(a) 格差原理と、(b)公正な機会均等の原理

ロールズの『正義論』章立て

0.序文

第1部 理論

第1章 公正としての正義

第2章 正義の諸原理

第3章 原初状態

第2部 諸制度

第4章 平等な自由

第5章 分配上の取り分

第6章 義務と責務

第3部 諸目的

第7章 合理性としての善さ

第8章 正義感覚

第9章 正義の善

ケアの倫理に対峙して、ロールズの正義論の問題で常に指摘されることは、ロールズの問題関心は、構造的な不平等を系統的に修正することであり、そのため、その是正には、制度・社会装置そして、合理的な主体を想定していることである。

無知のヴェール(Veil of ignorance):何の偏見や利害も持たず、直観だけ が働く心的状態のこと。人々が抱く「自由と平等の保証」「格差の是正」「機会均等」は正しいとみなされる直観がそれ。価値の相対主義からの批判をあびて、 ロールズはこの見解を撤回し、それらは、西洋のデモクラシーと立憲主義のなかでうまれると修正する。

"The "veil of ignorance" is a method of determining the morality of issues. It asks a decision-maker to make a choice about a social or moral issue, and assumes that they have enough information to know the consequences of their possible decisions for everyone but would not know, or would not take into account, which person he or she is. The theory contends that not knowing one's ultimate position in society would lead to the creation of a just system, as the decision-maker would not want to make decisions which benefit a certain group at the expense of another, because the decision-maker could theoretically end up in either group. The idea has been present in moral philosophy at least since the eighteenth century. The veil of ignorance is part of a long tradition of thinking in terms of a social contract that includes the writings of Immanuel Kant, Thomas Hobbes, John Locke, Jean Jacques Rousseau, and Thomas Jefferson. Prominent modern names attached to it are John Harsanyi and John Rawls." -" veil of ignorance"

用語集

リンク

文献

その他の情報


(c)Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copy&wright[not rights] 2017-2019