かならずよんで ね!

山崎朋子『サンダカン八番娼館 : 底辺女性史序章』研究ノート

On  Sandakan brothel no. 8 : an episode in the history of lower-class Japanese women

池田光穂

この年老いた天草の農婦の声なき祈りを聞き分けること、それが女性史研究を志すわたしの〈仕事〉なのだ」(山崎 1972:8)——私はここに民族誌の著者の当事者への倫理抜きの〈書く/描く意思〉を読みとることができる。

山崎朋子『サンダカン八番娼館」底辺女性史序説』筑摩書房、1972年のほうは、歴史の生き証人(サキさん)の住まいまで押しかけ て、貴重な聞き書きと歴史的再現を試みたすばらしい著作である――民族誌家はこの本 を読んで切歯扼腕すべきだと僕は思う(→「私にとっての、倫理の書」)。

このページは、山崎朋子の2つの著作『サンダカン八番娼館 : 底辺女性史序章』と『サンダカンまで:わたしの生きた道』の2部からなっています。後者のものについては、下までスクロールするか書名のところでタグジャンプしてください。

01山崎朋子『サンダカン八番娼館 : 底辺女性史序章』章立て(番号は書籍にはないもの。池田が順番につけ たもの)

■登場人物(ページ数)

++

〈おサキさん〉と〈私〉の突然の演技のはじまり(34)

ボルネオ産の布団に感情移入する山崎(47-48)さらには、その理不尽な恐怖(49)

おサキさんの語り口を筆記する山崎(64-)

再訪とおサキさんとの生活、トイレの話(66)

三菱炭鉱とは、三菱鉱業の運営する炭坑だが、所在地不明(68)

「1871年三菱合資会社の前身である九十九商会が 和歌山県で炭砿経営を始める。1918年三菱合資会社より鉱山・炭坑部門の業務一切を継承して三菱鉱業(株)設立。国内外へ事業を広げるが、戦後は占領政 策により事業縮小し、1950年金属部門を分離、石炭部門は1969年三菱高島炭砿、三菱大夕張炭砿として分離。他部門は1973年三菱セメント(株)・ 豊国セメント(株)と合併し三菱鉱業セメント(株)となる」出典「三菱鉱業(株)『三菱鉱業社史』(1976.06)」)

なにがなんでも、ネイティブと同じ生活をするという意思(57)

インフォーマントは、理路整然と話さず(58)

嫁を偽装することがバレそうになる(59)

おサキさんがより話すようになったのはなぜ(61):ラポールの問題

英訳、52ページより

なんで、おサキさんの話しを移民労働として考えなかったのか?!再読して、72ページになりようやく、氷解。(→「移民・移動の人類学研究ガイド」)

***

からゆきさんの還暦記念の男装写真「もうおなごは嫌じゃ、わしはもうおなごでなくなったとじゃけん、これからは男になるとじゃ」木下クニ、ドゥールズ的実践に喝采!(山崎 1972:211)

木下クニ

木下クニ、こと、おクニさん(還暦写真)211

おサキさんは、ゴーリキー『どん底』の老巡礼ルカのごとく、「さまざまな醜悪に出逢えば出逢うほど、そのことを学んで他人にたいして寛容になり、人間存在として円熟して行く人」である(254)

●最初の晩餐(The First Supper)

The First Supper 1988 acrylic on panel, 120 x 240 cm by Susan Dorothea White

最後の晩餐ならぬ、最初の晩餐、あるいはヲトコ時代の終わり(フェミズムの夜明け), The First Supper 1988 acrylic on panel, 120 x 240 cm by Susan Dorothea White

資料レジュメ(4部構成)パスワードがかかっていま す

■著者研究:

02山崎朋子『サンダカンまで:わたしの生 きた道』朝日新聞社、2001年(1932年生まれなので、彼女69歳の時の作品)第四部までは『週刊朝日』連載し、五部を書き下しして出版。

同書の章立て

読書めも

第1部 雨の夜のアクシデント

(顔を切られる事件の顛末)

〈ロン〉のこと()

第2部 潜水艦長の娘

大畑姓(88)

たにんにはやれぬ、の意(92-93)

自分は「母の実の子ではない」疑念(92-95)異なった解釈もある(120)

二河[尋常]小学校養護学級に(102)[沿革:http://www.kure-city.jp/~krcs/h26ennkaku.pdf]

父の死は、東京湾南方ではなくウェーク島西と極秘文書に(109)

亡父は、映画や、殉死のモデルに(114)

県立呉れ第一高等女学校から、広島第二高等女学校へ(115)

母との複雑な関係(119-120)

広島第二高等女学校(123-)

関千枝子(1932-)『広島第二県女二年西組』筑摩書房、1985年

1945年6月ごろ、大野に疎開

猫島寿子さんの消息不詳(132)

第3部 自由へのあこがれ

大野高等女学校

新制大野高校での演劇(144-)

村岡牧師(147)

映画出演の頓挫(150-151)

福井大学教育学部二部に入学(155)

決闘事件(159-160)

小学校教師として採用(162)

君が代に反対し、転勤へ(166-167)

東京都の小学校教員を受験、合格へ(172-)

第4部 民族と思想の壁に

演劇観賞三昧の日々(181)

〈虹の会〉に入会(183)

野坂昭如との出会い(186-187)

鳴海こと、金光澤(きむ・ぐあんてく)187-189

金の来歴(189)

伊学準(ゆん・はくちゅん)191

朴春日(ぱく・ちにる)192 『近代日本文学における朝鮮像』(1969)未来社。

小学校をやめて、うたごえ喫茶のレコード解説係へ(195)

福本章(197)

金と結婚(200)

父と酒を酌み交わした朝鮮人青年・瀬尾(202)

母に遭うための、重い新婚旅行(204)

在日コリアン政治運動小史(207--)

朝鮮名、羅敦香(ら・どんひゃん)210-211

義父・金麗澤、義母・梁成舜(やん・そんすん)213-

藤田省三(219)(245-)

「朝鮮人はこまるんだよ」でクビ、だが〈ウィーン〉の店主は朝鮮人夫妻で、ウェイトレスが朝鮮人と結婚した日本人ということでクビ 228-229

金と分かれる決意(234)/金のその後(242-)

強姦未遂事件と事件の顛末(235-237)

示談金の半額を置いて、金の家を出る(237-)

ミコヤン副首相に花束を渡す(240)

金のその後の消息不明(1967年が最後?)250 北朝鮮とKCIAに翻弄される国際政治学者として

第5部 女性史研究へのあゆみ

日本婦人問題懇話会のこと(298-299):https://sites.google.com/site/fumonkon/

「傷をなぞ」った[事件]のは、赤松良子か?(300)

上の勉強法(301)

アジア女性交流史研究会のたちあげ(307)

アジア女性交流史研究 全1巻[全18号合冊/1967年11月~1977年2月]

山辺 健太郎(や まべ けんたろう、1905年5月20日 - 1977年4月16日)「歴史家、労働運動家。東京生まれ。小学校卒。1920年、大阪で労働運動に加わる。1925年、日本労働組合評議会に参加する。 1926年、浜松の日本楽器争議を支援する。1929年、四・一六事件で検挙される。1940年、治安維持法違反で検挙され、獄中で敗戦を迎える。 1947年、日本共産党統制委員。1958年、離党し、著述に専念する」ウィキ日本語)

からゆきさんをみたい「欲望」(314)

1968年8月渡九の経緯(316)

中央公論社から筑摩書房からの出版の経緯へ(318-)

臼井吉見との出会い(323-)

1972年5月出版

1973年春、大宅壮一ノンフィクション賞

1974年熊井啓監督『サンダカン八番娼館・望郷』(東映)

1985年 タイ語

1989年 韓国語

1997年 中国語

1997年 英語に翻訳(325)

からゆきさん、三部作(328)

+

■同書の資料レジュメ(3部構成)パスワードがか かっています

リンク(移民労働関係)

リンク(調査法/研究倫理関係)

文献

その他の情報

Maya_Abeja

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2018-2019

池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙