かならずよんで ね!

先住民の権利に関する国際連合宣言

Declaration on the Rights of Indigenous Peoples, UNDRIP, A/RES/61/295, 2007

池田光穂

「先住民の権利に関する国際連合宣言(せんじゅうみ んのけんりにかんするこくさいれんごうせんげん、Declaration on the Rights of Indigenous Peoples, 略称:UNDRIP)は、2007年9月13日、 ニューヨークの国連本部で行われていた第61期の国際連合総会において採択された国際連合総会決議」のことである。

先住民族/先住民/先住の民の権利に関する国際連合 宣言 (A/RES/61/295)-UNDRIPSに は、さまざまな試訳があるが、ここでは、北 海道大学アイヌ・先住民研究センター(2008年8月ver. 2.2)にしたがって解説する。UNDRIPの日本語の簡潔な解説は、ウィキペディ ア「先住民族の権利に関する国際連合宣言」を参照のこと。条文を除いた、宣言 文は下記のとおりである。(ボールド=太字は引用者である)

  総会は、

  国際連合憲章の目的及び原則並びに憲章に従って国が負う義務履行に係る誠意を指針と し、

 すべての民族が、他と異なっている権利、自己を異なるとみなす権利、かつ、そのよう なものとして尊重される権利を有することを認識しつつ、先住民族が他のすべての民族と 平等であることを確認し、

 また、すべての民族が、人類の共同の財産である文明及び文化の多様さ及び豊かさに寄 与していることを確認し、

 さらに、国民的出身又は人種、宗教、民族若しくは文化の違いに基づく民族又は個人の 優越性に基礎を置き、又はそれを主張するすべての教義、政策及び慣行が、人種差別的で あり、科学的に誤っており、法的に無効であり、道義的に非難されるべきであり、かつ、 社会的に不正であることを確認し、

 先住民族が、その権利の行使に当たり、いかなる差別も受けてはならないことを再確 認 し

 先住民族が、特に植民地化並びにその土地、領域及び資源のはく奪の結果として 歴史的に不正に扱われてきたこと、それによって特に自己の必要と利益にしたがっ て発展の権利を行使することを妨げられていることを憂慮し、 先住民族の政治的、経済的及び社会的構造並びにその文化、精神的伝統、歴史及 び哲学に由来する先住民族の固有の権利、特にその土地、領域及び資源に対する権 利を尊重し、及び促進することが緊急に必要であることを認識し、

 また、条約、協定及びその他の国との建設的な取決めで確認された先住民族の権 利を尊重し、及び促進することが緊急に必要であることを認識し、

 先住民族が、政治的、経済的、社会的及び文化的向上のため、並びにあらゆる形 態の差別及び抑圧が生じたときはどこでもそれを終わらせるため、団結しているこ とを歓迎し、

 先住民族並びにその土地、領域及び資源に影響を及ぼす開発に対する先住民族に よる管理が、先住民族が、その制度、文化及び伝統を維持し並びに強化し、並びに その願望及び必要に合致する発展の促進を可能にすることを確信し、

 先住民族の知識、文化及び伝統的慣習の尊重が、持続可能で衡平な発展及び環境の適正 な管理に寄与することを認識し、

 先住民族の土地及び領域の非軍事化が、平和、経済的及び社会的な進歩及び発展並びに 世界の諸国及び諸民族の間の理解及び友好関係に寄与することを強調し、

 特に、先住民族の家族及び共同体が、子どもの権利と調和するように、子どもを 養育し、訓練し、教育し、及び福利を増進することについて共同の責任を持つ権利 を有することを認識し、

  国と先住民族の間の条約、協定及びその他の建設的な取決めで確認された権利 は、 場合によっては、国際的な懸念、関心、責任及び性質を有する問題であることを考慮し

 また、条約、協定及びその他の建設的な取決め並びにそれらが示す関係が、先住 民族と国との間の強固なパートナーシップの基盤であることを考慮し

  国際連合憲章、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約、市民的及び政治的権 利に関する国際規約並びにウィーン宣言及び行動計画が、すべての民族をしてその政治的 地位を自由に決定し、経済的、社会的及び文化的発展を自由に追求することを可能ならし める自決の権利の基本的重要性を確認していることを認め、

 この宣言のいかなる記述も、国際法にしたがって行使されるいかなる民族の自決の権 利 も否定するために用いられてはならないことに留意し

 この宣言における先住民族の権利の承認が、正義、民主主義、人権尊重、非差別及び 信 義誠実の諸原則に基づく国と先住民族の間の調和的で協力的な関係を強化することを確信 し

  国に対し、関係する民族と協議及び協力して、国際文書、特に人権に関する国際文書の 下で国が先住民族に対して負うすべての義務を遵守し、及び効果的に履行するよう奨励し、

 国際連合が、先住民族の権利を促進し、及び保護するにあたって重要かつ継続的な役割 を果たすべきであることを強調し、

 この宣言が、先住民族の権利と自由の承認、促進及び保護のための、並びにこの分野に おける国際連合体制の関連する活動を発展させるための、より重要な一歩であることを確 信し、

 先住民である個人が、国際法が承認するすべての人権を差別されることなく享有する こ と並びに先住民族が、その生存、福利及び民族としての全体の発展のために不可欠な集団 的権利を有することを認識し、及び再確認し、

 地域ごと及び国ごとに先住民族の状況が異なること、並びに国及び地域の特殊性並びに 多様な歴史的及び文化的背景の重要性が考慮されるべきであることを認識して、

 パートナーシップ及び相互的尊重の精神をもって達成すべき基準として、先住民 族の権利に関する国際連合宣言を次のとおり厳粛に宣言する。

 (以下条文が続く)http://www.cais.hokudai.ac.jp/wp- content/uploads/2012/03/indigenous_people_rights.pdf

この続きは「UNDRIP先住民族1の権利に関する国際連合宣言 」市民外交センター 訳)でもウェブで読めるようにした。

オリジナル宣言文にある英語「Indigenous Peoples」の日本語翻訳にとしては、先住民、先住の民、先住民族などの訳語があります。私(池田)は、民族にはethnos, ethnic group, および nation のなどとの訳語との混同するので、「Indigenous Peoples」を先住民族と言い表すのは適せ節ではないと考えますが、もちろん、そのような呼称を使う人も、私は、それを「先住民、先住の民」と理解し ますので、大きな混乱は生じません。(→「先住民か? 先住民族か?」を参照)

6つの疑問に答える(出典:https://www.un.org/esa/socdev/unpfii/documents/FAQsindigenousdeclaration.pdf

1.この宣言とはなにか?

WHAT IS THE DECLARATION ON THE RIGHTS OF INDIGENOUS PEOPLES? The Declaration is a comprehensive statement addressing the rights of indigenous peoples. It was drafted and formally debated for over twenty years prior to being adopted on 29 June 2006 during the inaugural session of the Human Rights Council. The document emphasizes the rights of indigenous peoples to maintain and strengthen their own institutions, cultures and traditions and to pursue their development in keeping with their own needs and aspirations. Other U.N. bodies address indigenous rights through Conventions such as the International Labour Organization’s Convention No.169 and the Convention on Biological Diversity (Article 8j).

2.宣言によって保証された権利とはなにか?

WHAT RIGHTS ARE ENSURED BY THE DECLARATION? The Declaration addresses both individual and collective rights, cultural rights and identity, rights to education, health, employment, language, and others. The text says indigenous peoples have the right to fully enjoy as a collective or as individuals, all human rights and fundamental freedoms as recognized in the Charter of the United Nations, the Universal Declaration of Human Rights and international human rights law. Indigenous peoples and individuals are free and equal to all other peoples and individuals and have the right to be free from any kind of discrimination, in the exercise of their rights, in particular that based on their indigenous origin or identity. Indigenous peoples have the right to self-determination. By that right they can freely determine their political status and pursue their economic, social and cultural development. They have the right to maintain and strengthen their distinct political, legal, economic, social and cultural institutions, while retaining their rights to participate fully, if they choose to, in the political, economic, social and cultural life of the state.

3.どのようにして採択がなされたか?

HOW WAS THE DECLARATION ADOPTED? The Declaration was adopted by the Human Rights Council on 29 June 2006 by a vote of 30 in favour, 2 against and 12 abstentions. It is expected that the Declaration will be submitted for adoption by the UN General Assembly at its 61st Session.

4.採択まで20年ちかくかかったのかは、どうして ですか?

WHY HAS THE DECLARATION TAKEN OVER TWO DECADES TO MOVE FORWARD? The process has moved slowly but a fruitful dialogue has been established among states and indigenous peoples over the years. Issues of human rights, lands and resources have been the subject of intense debates.

(経緯)

→In 1982 the United Nations Economic and Social Council (ECOSOC) established the Working Group on Indigenous Populations (WGIP) to develop human rights standards that would protect indigenous peoples. The Working Group was established as a result of a study by Special Rapporteur José R. Martinez Cobo on the problem of discrimination faced by indigenous peoples.

→In1985, the Working Group began preparing the draft Declaration on the Rights of Indigenous Peoples.

→In 1993, the Working Group agreed on a final text for the draft Declaration and submitted it to the SubCommission on the Prevention of Discrimination and Protection of Minorities, which approved it in 1994. The draft was subsequently sent to the then U.N. Commission on Human Rights, which established the Working Group on the draft Declaration on the Rights of Indigenous Peoples.

→The 2005 World Summit and the 2006 Fifth Session of the United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues (UNPFII) called for the adoption of the Declaration as soon as possible.

→Finally, the Human Rights Council that succeeded the Commission on Human Rights, adopted the Declaration in June 2006.

5.ハイライトになる部分はどんなところですか?

HIGHLIGHTS OF THE DECLARATION →Seventeen of the forty-five articles of the Declaration deal with indigenous culture and how to protect and promote it, by respecting the direct input of indigenous peoples in decision-making, and allowing for resources, such as those for education in indigenous languages and other areas. →The Declaration confirms the right of indigenous peoples to self-determination and recognizes subsistence rights and rights to lands, territories and resources. →The Declaration recognizes that indigenous peoples deprived of their means of subsistence and development are entitled to just and fair redress. →Essentially, the Declaration outlaws discrimination against indigenous peoples, promotes their full and effective participation in all matters that concern them, as well as their right to remain distinct and to pursue their own visions of economic and social development.

6.この宣言の意味って何なの?

WHAT IS THE SIGNIFICANCE OF THE DECLARATION? Many of the rights in the Declaration require new approaches to global issues, such as development, decentralization and multicultural democracy. Countries will need to pursue participatory approaches in their interactions with indigenous peoples that will require meaningful consultations and the building of partnerships with indigenous peoples. ︎

7.宣言には法的拘束力はありますか?

IS THE DECLARATION LEGALLY BINDING? UN Declarations are generally not legally binding; however, they represent the dynamic development of international legal norms and reflect the commitment of states to move in certain directions, abiding by certain principles. This is the case for the Declaration on the Rights of Indigenous Peoples as well. The Declaration is expected to have a major effect on the rights of indigenous peoples worldwide. If adopted, it will establish an important standard for the treatment of indigenous peoples and will undoubtedly be a significant tool towards eliminating human rights violations against the over 370 million indigenous people worldwide and assist them in combating discrimination and marginalization.

出典:https://www.un.org/esa/socdev/unpfii/documents/FAQsindigenousdeclaration.pdf

リンク

文献

その他の情報

池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙