はじめに読んでください

教育と破壊的イノベーション:ザ・シラバス

Co-Design Seminar: Wikinomics for higher education


池田光穂

授業担当者:あなたの名前( your name)
池田光穂, 松浦博一

履修対象/Eligibility
すべての研究科の大学院生
All graduate students including foreign nationalities
開講時期/Schedule
秋学期、月 6,月 7(1800-2100)10月04日/10月11日/10月18日/10月25日/11月01日/11月08日/11月15日/11月22日 Fall Term, Mon 6,Mon 7
講義室/Room
On-line education by Zoom
On-line education by Zoom
講義題目/Course Name
COデザイン演習(破壊的イノベーション と教育)
How Disruptive Innovation Will Change the Way the World Learns
授業の目的と概要/Course Objective
破壊的イノベーション理論で著名だった、 クレイトン・クリステンセンは、その晩年には教育における無消費という課題が現代社会には直面しており、その部分への介入こそが社会を根本的なイノベー ションをもたらすと考えていた節がある。またその発想は、無消費(大学教育を希望しているにも関わらず授業料や機会の喪失のために断念している状態)の人 々をこ州立大学や、そこで実践されている遠隔教育に導入されて、アメリカの教育事情を変革したといわれる。大阪大学ブランドのブレンディド教育というネー ミングも、クリステンセンのアイデンティティを弟子たちが洗練されたものから来ている。我々が日本でこれを考える意義は大いなるものがあるのだ。
In his last period, Dr. Clayton Christensen was interested in Disruptive Innovation in pedagogic and university education processes. The key concept of this subject is present "non consumption" status, thus consumers in future even though they cannot imagine to have rights of being educated. It can be applicable Clayton's innovative concept to Japanese setting, we think. In Our class, we will check and discuss these themes.
学習目標/Learning Goals
1. 学生は課題文献の読解および関連情報の収集を通して、議論に参加し、破壊的イノベーションについて学ぶことができる。
2.破壊的イノベーションと教育に関する論争を理解することで、「教育とイノベーション」の結びつきについて、授業を学びはじめた以前にも増して、理解を 深めることができる。
3.教育とイノベーションに関する調査や研究に関する具体的な調査計画を立案することができるまでの、理論や方法論の基礎を学ぶ。
+++++++++++++++++++++
1)クーン『科学革命の構造』を読んで批判する。
2)クリステンセンら『教育 ×破壊的イノベーション』 を読んで批判する。
3)マイケル・B.ホーン,ら『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』を読んで批判する
4)
1. Students can understand about typical issues on "Disruptive Innovation" by participating with case studies conferences.
2. Through considering on various cases of the debates in research contexts the students can elaborate and understand about the meaning of "both education and disruptive innovation."
3. Students can write concrete research proposal with the theme on "education as consumption" even though that students' plans would be virtual or planned in near future.
履修条件・受講条件 /Requirement; Prerequisite
どなたでも関心のある人は受講できます。
There is no special requirement in this class.
特記事項/Special Note


授業計画/Special Plan (回)題目/Title:内容/Content
回数(日程等)
内容・目的・教材
1. 10月04日
01.破壊と革命のメタ ファーの違いを理解する(Kuhn_Revolutions.pdfkuhn_revolution_jap_Part1.pdf
02.クーン『科学革命の構造』からサイエンスと教育の革命(概念)について考える
kuhn_revolution_jap_Part2.pdf
2. 10月11日
03. クーンの「アノマリー」概念を理解する。そして、クーン『科学革命の構造』のおさらいとまとめ(kuhn_revolution_jap_Part3.pdf
04. クリステンセンら『教育 ×破壊的イノベーション』(1章から3章) を読んで批判する(Cchristensen_education2008.pdf
3. 10月18日
05. クリステンセンら『教育 ×破壊的イノベーション』(4章から6章) を読んで批判する(Cchristensen_education2008.pdf
06.クリステンセンら『教育 ×破壊的イノベーション』(7章から9章) を読んで批判する(Cchristensen_education2008.pdf
4. 10月25日
07.マイケル・B.ホーン ら『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』(序章〜3章)を読む(01Mhorn_staker_bended2017.pdf
08.マイケル・B.ホーンら『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』(4章〜6章)を読む(02Mhorn_staker_bended2017.pdf
5. 11月01日
09.マイケル・B.ホーン ら『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』(7章〜8章)を読む(03Mhorn_staker_bended2017.pdf
10.マイケル・B.ホーンら『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』(9章〜11章と残り)を読む(04Mhorn_staker_bended2017-2.pdf
6. 11月08日
11.ハインドマン『デジタルエコノミーの罠』(1章〜3章)を読む(Hindman_internet_trap2020.pdf
12.ハインドマン『デジタルエコノミーの罠』(4章〜5 章と補章)を読む(Hindman_internet_trap2020.pdf)※同じファイルです。
7. 11月15日
13.14. 条件なき大学 / ジャック・デリダ著 ; 西山雄二訳、 月曜社 , 2008年/ J. Derrida, L'université sans condition. Galilée , 2001を読む(JDerrida_university_without_conditionJAP.pdf
8. 11月22日
まとめの授業(1コマ)















授業形態/Type of Class:


授業外における学習 /Independent Study Outside of Class
授業資料に関しては裏バス(=裏のシラバ ス)というページを提供しています。日本語のみですが、[ https://goo.gl/u8L6vq ]からアクセスしてください。また、適宜このページの使い方を授業内で解説します。
We provide and arrange a resource web-page [ https://goo.gl/u8L6vq ]in Japanese for students attending this class outside from this virtual syllabus. The Students can use this web-site for preparations and reviews of each class.
教科書・教材/Textbooks
・T. S. Kuhn, The Structure of Scientific Revolutions, 1st. ed., Chicago: Univ. of Chicago Pr., 1962., 172pp., / 中山茂訳 『科学革命の 構造』 みすず書房、1971年
・クリステンセンら『教育 ×破壊的イノベーション : 教育現場を抜本的に改革する』 櫻井祐子訳,翔泳社, 2008年
・マイケル・B.ホーン, ヘザー・ステイカー『ブレンディッド・ラーニングの衝撃:「個別カリキュラム×生徒主導×達成度基準」を実現したアメリカの教育革命』小松健司訳,教育開 発研究所, 2017年
デジタルエコノミーの罠 : なぜ不平等が生まれ、メディアは衰亡するのか / マシュー・ハインドマン著 ; 山形浩生訳、NTT出版 , 2020(のうち、第1章〜第5章まで)
条件なき大学 / ジャック・デリダ著 ; 西山雄二訳、 月曜社 , 2008年/ J. Derrida, L'université sans condition. Galilée , 2001。
We provide and arrange a resource web-page [ https://goo.gl/u8L6vq ]in Japanese for students attending this class outside from this virtual syllabus.
参考文献/Reference
・「ウラバス(=裏のシラバス)」[暫定版]を参照してください
・副読本として「『学習する社会を創造する』」も扱います。
We provide and arrange a resource web-page [ https://goo.gl/u8L6vq ]in Japanese for students attending this class outside from this virtual syllabus.
成績評価/Grading Policy
各人が授業参加ごとに、学習成果の記録を とるポートフォリオ50%と、学習の成果をチェックするレポート等50%により、総合的に判断します。
Grading of qualification will be evaluated from self-evaluation points from each students' portfolios, 50%, and attainment points of student's reports, 50%
コメント/Other Remarks
授業において、特別な配慮が必要な学生 は、事前に、所属学部ならびに研究科を通して、あるいは全学教育推進機構大学院教務係に連絡をお願いします。また、最初の授業の際に、連絡をいただけれ ば、配慮します。
If special consideration regarding the taking of this course is necessary due to reasons such as a disability, please consult in advance with the academic affairs related contact point for the department belonged to (such as the school affairs section or graduate school affairs section) or else with Trans-disciplinary Education Division of Purser Department in the Center for Education in Liberal Arts and Sciences. In addition, please inform the teacher responsible for the class at an early stage, such as at the first class
キーワード/Keywords
破壊的イノベーション、クレイトン・クリ ステンセン、教育、無消費、ブレンディド教育、遠隔教育
disruptive innovation, Clayton Christensen, education, "non consumption," blended education, e-learning system
受講生へのメッセージ/Messages to Prospective Students
授業は、魅力的に、参加して楽しく、そし て、毎回議論することがわくわくするように運営します。授業で知り得た学生同士の個人情報などは、守秘義務(コンプライアンス遵守)が生じますので、注意 しましょう。
Do you know the motto printed in old T-shirt of a used book store in Berkeley, California, "Moe's," that I found ? - "Reading is Sexy." It's Great that I think. I will add in our class, "Understanding this class is also agapeic [in Greek sense]Sexy, Philo-Sophy." This is my motto of objectivity of this class.
関連する研究プロジェクト
次世代型イノベーション人材育成の未来像:コロナ・インパクト後のブレンディッド教育の変


****

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

���[���A�h���X

�����l�ފw