かならずよんで ね!

チョムスキー言語学とその周辺:入門のまたその入門

Introductio to the Chomsky's Syntactic Theory for dummy

池田光穂

ノーム・チョムスキーAvram Noam Chomsky, 1928- )は、世界的に知られている言語学理論家そして平和理論家。

言語の構造についての2つのモデルがあった。1)言語をひとつのマルコフ過程とみる考え方でこれは「伝達理論的モデル」という、2)「構成素分析にもとづく句構造」のモデル(→句構造文法)である。

「文法は意味論とは別個の独立した研究と考える方が よい。特に文法性と いう考えは有意味性ということと同一視することはできない(またそれは 統計的近似値[order of approximation] という考えとは格別何らの関係 もない)。このように独立した形式的な研究をすすめる場合、文を左から右 へ作り出していく有限状態の[finite state] Markov process として言語を 考えるような単純な方法には賛成できないことがわかった。また句構造や 変形構造のようなかなり抽象的な言語レベルが自然言語の記述には必要で あることもわかった」(p.90)

「句構造による直接の記述は基本的な核文(すなわち 複雑な動詞句や名詞句を含まない単文、平叙文、能動文)だけに限定し、核文以外はすべてこ れらの基本文(もっと適確には、それらの基になっている連鎖)から変形に よって派生するようにすれば、英語の記述がきわめて簡潔になり、英語の 形態的構造に関して新たに重要な理解が得られる。逆に文法的文を他の文 法的文にかえる一連の変形を発見できれば、個々の文の構成分析がちがえ、 それらの変形を受けた場合の行動がどのようにかわるかを研究するこ とによって、それらの文の構成素構造を決定することができる」(p.90)

「したがって文法は三つの部分より成る構造をもつも のと考えられる。文 法には句構造を再構する一連のルールと、morphemes の連鎖をphonemes の連鎖にかえる一連のmorphophonemic のルールとがある。それらの二 つのルール群をつなぐものとして一連の変形ルールがあり、そのルールが 句構造を有する連鎖をmorphophonemic rules の適用される新しい連鎖 にかえる。句構造とmorphophonemic とのルールはtransformational rules とはちがって単純なものである。一つの連鎖に一つの変形を適用す るためには、その連鎖の派生の歴史についてある程度知らねばならない; しかし変形以外のルールを適用するためには、そのルールが適用される連 鎖の形を知るだけで十分である」(p.91)

「しかし意味の体系的考察は文法構造を決定する上に役立たないように思われる。さ りとて、「辞書的意味」に対して「構造的意味」を考えることは賛成できな い。また言語の中に用いられている文法的装置に直接意味をつけられるほ ど用法が一貫しているかどうかは疑わしい。それでも、文法構造と意味と の潤には重要な関連がたくあんあることもきわめて当然である。言いかえ るなら、文法的装置はきわめて組織的に用いられていることがわかる。こ れらの相関関係を調べることは、文論と意味論の問題やその接点を考察す る一般言語理論の主題の一部となろう」(pp.91-92)

——ノーム・チョムスキー『文法の構造』勇康雄訳、 pp.90-92, 研究社出版 , 1963年

1. 序文

2. 文法の独立性

3. 単純な言語理論

4. 句構造(→「句構造文法Phrase structure grammar)」)

5. 句構造的記述の限界

6. 言語理論の目標

7. 英語における変形の例

8. 言語理論のもつ説明力

9. 文論と意味論

チョムスキー言語理論のキーワードをあげてみる と……(ページ数は『増補版チョムスキー理論辞典』研究社、2016)

学部初学年むけの言語学入門だが、酒井優子教授の次 の授業「言語学が世界を一つにする」は、チョムスキー理論の入門としては非常に分かりやすくできている——酒井教授から引用承諾いただきました。


■チョムスキー理論の展開

1)拡大標準理論:初期〜1970年代

2)GB理論(一般化束縛Generalized Binding):1980年代

3)極小主義=ミニマリスト・プログラム:90年 代〜現在

リンク

文献

その他の情報


池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙