read_this_first

文化と政治

Culture and Politics 2021

Mitzub'ixi Qu'q Ch'ij

授業担当者:あなたの名前( your name)
池田光穂
Mitzub'ixi Qu'q Ch'ij
履修対象/Eligibility
すべての学部生ならびに研究科の大学院生
1,2,3,4,5,6,7,8,9
開講時期/Schedule
夏学期 月 3,月 4
Summer Term, Mon 3,Mon 4
講義室/Room
Zoomによる遠隔授業
On-line education by Zoom
講義題目/Course Name
異文化理解(文化と政治)
Understanding other culture: Culture and Politics
授業の目的と概要/Course Objective
こ の授業は文化人類学からみた、文化と政治についてまなびます。とりわけ、差別され抑圧されてきた歴史をもつ先住民表象の復権、男女のジェンダーをめぐる本 質的定義と社会構築的定義のせめぎ合い、文化現象の記述をめぐる世界政治などについて、翻訳を含む日本語文献を中心に課題を読解と、グループワークによる 議論を通して学びます。
We will present you an introduction to culture and politics from anthropological perspective for both under- and graduate students. We take a standardized teaching protocol for understanding culture and politics borrowed from Japanese text books by use of case discussion method. We welcome for not only graduate students of liberal arts and humanities but also for students from all the faculties of science, technology, and inter-/trans-disciplinary sciences.
学習目標/Learning Goals
1. 学生は課題文献の読解および関連情報の収集を通して、議論に参加し、文化と政治について学ぶことができる。
2.文化と政治に関する論争を理解することで、「文化と政治」の結びつきについて、授業を学ぶ以前にも増して、理解を深めることができる。
3.文化と政治に関する調査や研究に関する具体的な調査計画を立案することができるまでの、理論や方法論の基礎を学ぶ。
1. Students can understand about typical issues on culture and politics by participating with case studies conferences.
2. Through considering on various cases of the debates in research contexts the students can elaborate and understand about the meaning of "culture and politics."
3. Students can write concrete research proposal with the theme on culture and politics even though that students' plans would be virtual or planned in near future.
履修条件・受講条件 /Requirement; Prerequisite
どなたでも関心のある人は受講できます。
There is no special requirement in this class.
授業形態/Type of Class: 講義とディスカッション
Lecture and seminar subject
授業計画/Special Plan (回)題目/Title:内容/Content
回数(日程等)
内容・目的・教材(資料へのリンク:解錠コードは授業でお知らせします)
6/14
文化現象の記述をめぐる世界政治(1)
6/21
文化現象の記述をめぐる世界政治(2)
6/28
男女のジェンダーをめぐる本質的定義と社会構築的定義のせめぎ合い(1)
7/5
男女のジェンダーをめぐる本質的定義と社会構築的定義のせめぎ合い(2)
7/12
男女のジェンダーをめぐる本質的定義と社会構築的定義のせめぎ合い(3)
7/19
差別され抑圧されてきた歴史をもつ先住民表象の復権(1)
7/26
差別され抑圧されてきた歴史をもつ先住民表象の復権(2)
8/2
文化と政治(まとめ)














1. Introduction to understanding on culture and politics
2. Representation of culture and its politics(1)
3. Representation of culture and its politics(2)
4. On gender trouble and battle (1)
5. On gender trouble and battle (2)
6. Indigenous peoples and their cultural representation(1)
7. Indigenous peoples and their cultural representation(2)
8. Concluding remarks; understanding on culture and politics
授業外における学習 /Independent Study Outside of Class 授業資料に関しては裏バス(=裏のシラバス)というページを提供しています。日本語のみですが、[ https://goo.gl/u8L6vq ]からアクセスしてください。また、適宜このページの使い方を授業内で解説します。
We provide and arrange a resource web-page [ https://goo.gl/u8L6vq ]in Japanese for students attending this class outside from this virtual syllabus. The Students can use this web-site for preparations and reviews of each class.
教科書・教材/Textbooks 1)
2)バトラー、ジュディス『ジェンダー・トラブル : フェミニズムとアイデンティティの攪乱』竹村和子訳、青土社、 1999年/Gender trouble : feminism and the subversion of identity / Judith Butler, New York : Routledge , 1999
3)
see to "Independent Study Outside of Class"
参考文献/Reference
see to "Independent Study Outside of Class"
成績評価/Grading Policy 各人が授業参加ごとに、学習成果の記録をとるポートフォリオ50%と、学習の成果をチェックするレポート等50%により、総合的に判断します。
Grading of qualification will be evaluated from self-evaluation points from each students' portfolios, 50%, and attainment points of student's reports, 50%
コメント/Other Remarks
特にありません。
Nothing in particular.
特記事項/Special Note 授業において、特別な配慮が必要な学生は、事前に、所属学部ならびに研究科を通して、あるいは全学教育推進機構大学院教務係に連絡をお願いします。また、最初の授業の際に、連絡をいただければ、配慮します。
If special consideration regarding the taking of this course is necessary due to reasons such as a disability, please consult in advance with the academic affairs related contact point for the department belonged to (such as the school affairs section or graduate school affairs section) or else with Trans-disciplinary Education Division of Purser Department in the Center for Education in Liberal Arts and Sciences. In addition, please inform the teacher responsible for the class at an early stage, such as at the first class
オフィスアワー/Office Hour 電子メール(rosaldo@cscd.osaka-u.ac.jp)で、まずは予約してください。
You can request your reservation via rosaldo@cscd.osaka-u.ac.jp, thanks!
キーワード/Keywords 文化人類学、文化、政治、ジェンダーの政治学、フェミニズム思想、文化表象の政治学
cultural anthropology, culture, politics, feminism, cultural representation
受講生へのメッセージ/Messages to Prospective Students 授業は、魅力的に、参加して楽しく、そして、毎回議論することがわくわくするように運営します。授業で知り得た学生同士の個人情報などは、守秘義務(コンプライアンス遵守)が生じますので、注意しましょう。
Do you know the motto printed in old T-shirt of a used book store in Berkeley, California, "Moe's," that I found ? - "Reading is Sexy." It's Great that I think. I will add in our class, "Understanding this class is also agapeic [in Greek sense]Sexy, Philo-Sophy." This is my motto of objectivity of this class.

























ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』Butler_gendertrouble_full.pdf


1
第1章 セックス/ジェンダー/欲望の主体 0_ch01-Butler_gendertrouble.pdf
1. フェミニズムの主体としての「女」


2
2. セックス/ジェンダー/欲望”の強制的秩序


3
3. ジェンダー—現代の論争の不毛な循環


4
4. 二元体、一元体、そのかなたの理論


5
5. アイデンティティ、セックス、実体の形而上学


6
6. 言語、権力、歴換戦略


7
第2章 禁止、精神分析、異性愛のマトリクスの生産 ch02_Butler_gendertrouble-2.pdf
7. 構造主義の危うい交換


8
8. ラカン、リヴィエール、仮装の戦略


9
9. フロイトおよびジェンダーのメランコリー


10
10. ジェンダーの複合性、同一化の限界


11
11. 権力としての禁止の再考


12
第3章 撹乱的な身体行為 ch03-Butler_gendertrouble-3.pdf
12. ジュリア・クリステヴァの身体の政治


13
13. フーコー、エルキュリーヌ、セックスの不連続の政治


14
14. モニク・ウィティッグ—身体の解体と架空のセックス


15
15. 身体への書き込み、パフォーマティブな撹乱


16
16. 結論——パロディからの政治へ


























****

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099

���[���A�h���X

�����l�ފw