read_this_first

コミュニケーションの文化史

Understanding Marshall McLuhan and Dean MacCannell


Mitzub'ixi Qu'q Ch'ij

授業担当者:あなたの名前( your name)
池田光穂
Prof. Mitzub'ixi Qu'q Ch'ij
履修対象/Eligibility
2,3,4年生、5,6,7,8,9(す べての大学院生)
year, 2,3,4,6,6,7,8,9
開講時期/Schedule
春学期、火曜5,6限
Spring term. Tue. 5-6, 2021
講義室/Room
箕面新キャンパスA-502(三密を避けたリア ル授業ですが、On line 受講も考えています)
A-502, Minoo Campus, Osaka University
講義題目/Course Name
コミュニケーションの文化史(講義カテゴ リー:リテラシー/文化史)
Understanding Marshall McLuhan and Dean MacCannell
授業の目的と概要/Course Objective
この講義の英文タイトルは Understanding Marshall McLuhan and Dean MacCannellです。初めてマクルーハン(あるいはマッカネル)という人名を聞いた、どこかで聞いたことがあるけどよく知らないという学生は必聴で す。米国の議会図書館館長だったダニエル・ブーアスティン(1914-2004)は、テレビやラジオ、マスツーリズム、そして(たぶん)インターネットで すら、擬似的イベントにすぎないと指摘した歴史家ですが、マクルーハンやマッカネルに言わせれば、それは我々の心がどのように構築されるのかについてあま りにも無知な理解であり「イケてない」ということになります。以上のことを、講義が終わった時点でみなさんが当たり前に感じるように、僕が説得すること、 それがこの講義の目的です。
The original title of this class in English, is "Understanding Marshall McLuhan and Dean MacCannell." So we will introduce the theories of Marshall McLuhan and Dean MacCannell including Daniel Boorstin's critique on modern "un-real" life. Marshall McLuhan and Daniel Boorstin (except Dr.Dean MacCannell) might not understand the concept of event in cyber-space because the both had died before the propagation of the internet. But the three thinkers are very important of our cyberpunk era. Now the time of our seminar !!!
学習目標/Learning Goals
1)マーシャル・マクルーハン『人間拡張 の原理』を読んで、オモロイと言い、授業を聞いていない連中に、その意味をある程度満足に他の人たちに吹聴できること。
2)ディーン・マッカネル『ザ・ツーリスト』における「上演された本物性」とは何か、説明することができ、その現代的事例をひとつでも友人に解説できるこ と。
3)ひとりで勉強するのは苦手だが、みんなとなら、がんばって課題文献を読み通すことができるようになること。
1) We will learn the McLuhan's thesis relating on virtual communication.
2) We will learn the MacCannell's thesis relating on virtual communication.
3) We will enjoy with circumstance of the LPP, Legitimate Peripheral Participation [http://bit.ly/2Y4Gers].
履修条件・受講条件 /Requirement; Prerequisite
どなたでも受講できます。
There is no special requirement in this class.
授業形態/Type of Class: 文献の読解と議論(セミナー形式)

授業計画/Special Plan (回)題目/Title:内容/Content
回数(日程等)
内容・目的・教材
4/13
1. マクルーハン理論(1)
4/20
2. マクルーハン理論(2)
4/27
3. マクルーハン理論(3)
5/11
4. ブーアスティンと幻想の未来
5/18
5. マッカネル理論(1)
5/25
6. マッカネル理論(2)
6/1
7. マッカネル理論(3)と結論
6/8
8. 結論=続き(予備日/研究発表日)














1. McLuhan's thesis #01
2. McLuhan's thesis #02
3. McLuhan's thesis #03
4. Boorstin's thesis and The Future of an Illusion
5. MacCannell's thesis #01
6. MacCannell's thesis #02
7. MMacCannell's thesis #03 and Concluding remarks
8. Concluding remarks (contin.)
授業外における学習 /Independent Study Outside of Class 授業資料に関しては裏バス(=裏のシラバス)というページを提供しています。日本語のみですが、[ https://goo.gl/u8L6vq ]からアクセスしてください。また、適宜このページの使い方を授業内で解説します。
We provide and arrange a resource web-page [ https://goo.gl/u8L6vq ]in Japanese for students attending this class outside from this virtual syllabus. The Students can use this web-site for preparations and reviews of each class.
教科書・教材/Textbooks -  エッセンシャル・マクルーハン―メディア論の古典を読む(抄訳)/ Eric McLuhan and Frank Zingrone eds., Essential McLuhan. London : Routledge.
- MacCannell, Dean. The Tourist., 1999, 2013/ D.マキァーネル『ザ・ツーリスト: 高度近代社会の構造分析』安村克己 [ほか] 訳、学文社、2012年
- Understanding media : the extensions of man / by Marshall McLuhan, New York : McGraw-Hill , 1964
- Eric McLuhan and Frank Zingrone eds., Essential McLuhan. London : Routledge.
- MacCannell, Dean. Staged Authenticity, in The Tourist., 1999, 2013
参考文献/Reference - ダニエル・J.ブーアスティン『幻影 (イメジ) の時代 : マスコミが製造する事実』後藤和彦, 星野郁美訳、東京創元社、1964年/Daniel J. Boorstin, The image : a guide to pseudo-events in America. New York : Vintage Books, 1992.
- Daniel J. Boorstin, The image : a guide to pseudo-events in America. New York : Vintage Books, 1992.
- Sigmund Freud, The future of an illusion.JAMES STRACHEY(trans.) W.W. Norton, 1961.
成績評価/Grading Policy 各人が授業参加ごとに、学習成果の記録をとるポートフォリオ50%と、学習の成果をチェックするレポート等50%により、総合的に判断します。
Grading of qualification will be evaluated from self-evaluation points from each students' portfolios, 50%, and attainment points of student's reports, 50%
コメント/Other Remarks
特にありません。
Nothing in particular.
特記事項/Special Note 授業において、特別な配慮が必要な学生は、事前に、所属学部ならびに研究科を通して、あるいは全学教育推進機構大学院教務係に連絡をお願いします。また、最初の授業の際に、連絡をいただければ、配慮します。
If special consideration regarding the taking of this course is necessary due to reasons such as a disability, please consult in advance with the academic affairs related contact point for the department belonged to (such as the school affairs section or graduate school affairs section) or else with Trans-disciplinary Education Division of Purser Department in the Center for Education in Liberal Arts and Sciences. In addition, please inform the teacher responsible for the class at an early stage, such as at the first class.
オフィスアワー/Office Hour 電子メール(rosaldo@cscd.osaka-u.ac.jp)で、まずは予約してください。
You can request your reservation via rosaldo@cscd.osaka-u.ac.jp, thanks!
キーワード/Keywords マクルーハン、マッカネル、ブーアスティン、モダニスト、メディア、コミュニケーション
Marshall McLuhan, Dean MacCannell, Daniel Boorstin, modernist, media, communication
受講生へのメッセージ/Messages to Prospective Students 授業は、魅力的に、参加して楽しく、そして、毎回議論することがわくわくするように運営します。授業で知り得た学生同士の個人情報などは、守秘義務(コンプライアンス遵守)が生じますので、注意しましょう。
Do you know the motto printed in old T-shirt of a used book store in Berkeley, California, "Moe's," that I found ? - "Reading is Sexy." It's Great that I think. I will add in our class, "Understanding this class is also agapeic [in Greek sense]Sexy, Philo-Sophy." This is my motto of objectivity of this class.

****

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099

���[���A�h���X

�����l�ފw