かならずよんで ね!

麻薬=絶対悪の《誤り》について

What is Heroin addiction?

池田光穂

日本では、麻薬は(あらゆる指定薬種において)「ダ メ絶対!」の方針——それを非寛容政策(zero-tolerance policy)といいます——にしたがって、麻薬はすべて絶対悪のように大衆に宣 伝されています。

これは現在でも、違法取引されているヤクザなどの資 金源や覚せい剤中毒などの社会問題などの観点などから、止む終えない措置であると言えます。

しかしながら、この政策には社会的に「薬物に関する 偏った」イメージを撒き散らすだけでなく、「薬物利用に関する正確な知識」を習得する妨げになっているのみならず、薬物依存者へのスティグマ(=社会的烙 印)のはりつけや、偏見や差別のみならず、元利用者や依存者などの社会的復帰に大きな障害にもなっています。つまり、「ダメ絶対!」の方針には、薬物利用 がなぜ起こるのか、そして、当の利用者が、その依存から回復したいという声や意識への社会的支援への障がいになっている面も否定できません。

このページの表題である「麻薬=絶対悪の《誤り》」 をみただけで、拒否反応を起こし、薬物依存者の依存に陥る社会的原因や、依存からの回復にむけての努力に関しては、以前として《無知》と《無理解》のまま では、その支援にも啓かれる可能性もありません。もちろん、「麻薬=絶対悪の《誤り》」は、麻薬の利用を進めたり容認するものではありません——日本は法 治国家であり、国民には遵法の義務があり、はじめて権利を保障されるものでもあるからです。そのため「薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ・」ホームページ」にもリンクして、このページの 利用者は、そこで主張されている内容を冷静に吟味することも、求められています。

私は「麻薬=絶対悪の《誤り》」説の限界を克服する ことは、「麻薬=ほぼ悪」の枠組みを維持しながら、薬物依存にある人たちへの回復への支援の可能性を広げることにあります。

このような方針を、ハームリダクションといい、欧米——英国、オランダ、EUの多くの国、オーストラリアなど ——で導入がはじまっています。

このページは、「麻薬やドラッグって、多少はいいん じゃないか?」という見解に対して、「ダメ絶対!」の方針に臨むのではなくて、「なぜ《多少はいいんじゃないか?》ということが依存に陥る心理的、社会的 罠である」と主張するためにあります。まずは、依存症の医薬(ヘロイン系のいわゆる「ダウン系」のドラッグが含まれる)の作用とその研究の歴史を、予備知 識なしに簡潔に紹介するページになっています。このような発想も、ハームリダクションの思想——闇雲に禁止したり恐れてそのことについて無知のままでいる よりもより正しく知ったほうが依存症に陥るリスクは回避できる——に繋がっています。このページの趣旨をよく理解して以下のアニメーションをごらんくださ い。


リンク(サイト外)

リンク(サイト内)

文献

その他の情報

Maya_Abeja

Mitzub'ixi Quq Ch'ij, 2018

池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙